モスカードはモスバーガー専用のプリペイドカードです。そしてモスバーガーはモスカードに関するキャンペーンをやっていてかなりお得に使えます。

今回はこのモスカードのチャージや残高照会の方法、ならびにメリットやデメリットなどをまとめます。

  • モスカードについて(概要説明)
  • モスカードの入手方法
  • モスカードのチャージ(入金)方法
  • モスカードの使い方
  • モスカードの残高照会方法
  • モスカードのポイントなどキャンペーンでお得
  • モスカードのメリット、デメリットなど(紛失など注意)

およそ上記の順番でまとめていきます。少しずつ下がって確認ください。


スポンサーリンク


モスカードについて(概要説明)

モスカードデザイン

モスカードはモスバーガー専用のプリペイドカードです。一般的なプリペイドカードと同様に現金をプリペイドカードにチャージして使うことになります。

モスバーガーでしか使えないというデメリットはあるものの、各種キャンペーンで最大8%程度お得になるのでモスバーガーの利用の多い人は積極的に使いたいところです。

私も当然、モスカードを持っておりお得に利用させていただいています。

 

モスカードの入手方法

モスカードの入手方法は簡単です。以下にいくつかの入手方法を解説します。

 

モスカードをモスバーガー店頭で入手

モスカードを一番簡単に入手する方法はモスバーガー店頭でモスカードをもらうという方法です。

モスカード自体は無料。1000円の入金をすることで発行してもらえますます。

(入金なしでも発行してもらえるお店もあるらしいのですが少なくとも私の近くのお店では1000円の入金が必要でした)

 

グルーポンなどで入手

モスバーガーのモスカードがグルーポンで発売

期間限定ではありますが、グルーポンなどでモスカードをお得に入手できることがあります。

過去には5000円分のモスカードが4750円で発売されていました。およそ5%ものお得。

常にこのようなキャンペーンをやっているわけではないので定期的にグルーポンをチェックするといいでしょう。

グルーポン

 

メルカリなどで入手

個人売買サイトで入金済のモスカードが発売されていることもあります。

メルカリではモスカードだけでなくモスの株主優待券、マクドナルドの株主優待券などお得に利用できる金券がたくさん発売されているのでチェックするといいでしょう。

メルカリ(公式サイト)

 

モスカードのチャージ(入金)方法

モスカードのチャージ方法は店頭でのチャージ、ネットでのチャージの2種類があります。

 

モスカードの店頭でのチャージ(入金)

モスカードを店頭でチャージする時にはモスカードを店員さんに渡してチャージを依頼します。

店員さんからチャージする金額を聞かれるので、チャージしたい金額を伝えその金額を現金で支払ってください。店頭でのモスカードのチャージは現金のみでクレジットカードや電子マネーでのチャージはできないので注意してください。

500円単位で入金が可能です。

 

モスカードのネットでのチャージ(入金)

モスカードはネットからもチャージすることができます。ネットからのチャージはクレジットカードのみで3000円、5000円、10000円のチャージが可能です。

チャージする際にはモスカードを登録する必要があります。モスカード管理へアクセスしてください。

モスバーガー管理(公式サイト内)

モスバーガーの公式サイト内からモスバーガー管理ページに移動する場合は以下のバナーをクリックしてください。

モスカード1

 

次に以下の画面になるのでここでモスカード管理をクリックすればモスカード管理画面に移動します。

モスカード2

 

次にモスカードを登録します。既にモスカードに登録している場合は以下のように登録しているカードが出てきます。登録していない 場合は「モスカードを管理する」をクリックします。すると次にモスカード番号やPIN番号を入力する画面に移るので必要事項を入力して登録してください。

モスカード登録

 

次に「WEBチャージする」という項目をクリックしてください。

モスカード5

 

モスカードの使い方

モスカードの使い方は簡単です。

支払い時にモスカードで支払うことを店員さんに伝え、モスカードを店員さんに渡すだけ。

店員さんはそのモスカードをスキャンし、会計の分だけモスカードから引いてくれます。

もしモスカードにチャージしている金額が足りない場合は現金やクレジットカード、電子マネーで差額を支払うことができます。

 

モスカードの残高照会方法

モスカードの残高はモス店頭ならびにネットで確認することが可能です。

 

モス店頭での確認

モスに行って「モスカードの残高照会をお願いします」と伝えれば確認してもらえると思います。

また、支払い後にモスカードの残高が確認できるので支払い時にチェックするといいでしょう。

 

ネットでの確認

ネットで確認する場合は先のモスカードの入金時の方法でモスカードを登録してください。

既に登録してある場合は以下のように登録してあるカードの一覧が出てくるので、残高を確認したいカードをクリックしてください。

モスカード3

 

すると、以下のように残高やポイントが確認できます(パスワードを求められる場合はパスワードを入力して進んでください)。

モスカード残高

 

モスカードのポイントなどキャンペーンでお得(最大8%など)

毎月25日~29日はモスカードの日。

通常は入金で1%のポイントがもらえますがこの5日間は4%のポイントが貯まります。

また、ネットでの入金はクレジットカードのポイントも貯まるので(カード会社にもよりますが1~2%程度)、それで最大6%程度お得。

あとはモスのネット注文で最大2%のポイントが貯まるので合計で最大8%お得です。

更にモスカードはポイントが当たるキャンペーンを定期的に実施。

いろいろお得なモスカードを上手に利用してくださいね。

(モスポイントが貯まるのは2019年3月末までと案内されていますが、延長する可能性もあります)

 

モスカードのメリット、デメリットなど(紛失など注意)

モスカードのメリット、デメリットを以下にまとめます。

 

モスカードのメリット

  • モスカードなどプリペイドカードはお釣りいらずで支払いが楽ちん
  • ポイント貯まるのがありがたい。最大8%お得(ただし期間限定)
  • キャンペーンもあって嬉しい
  • クーポンとの併用も可能

メリットはだいたいこんなところでしょう。特に最大8%お得になるのがありがたいところです。またクーポンとの併用も可能です。クーポンで安くして更にモスカードで支払ってお得の2重取りを楽しみましょう。

 

モスカードのデメリット

  • モスバーガー以外で使えない
  • カードが多くなるので煩雑
  • 他のプリペイドカードと同様に紛失の補償がない
  • 最終利用から2年使わないと残高が消える

デメリットはだいたいこんな感じ。やはりモスバーガー以外で使えないのは残念かと。また、プリペイドカードは一般的に紛失の補償がありません。モスカードも紛失の補償がないので注意してください。

また、最終利用から2年経過で残高やポイントが消滅するのもデメリット。チャージポイントは魅力的ですがあまり大きな金額は入金しない方がいいでしょう。私も毎月キャンペーンの25日~30日に3000円を程度入金する程度にしています。

もしモスカードを部屋のどこかに置き忘れたりしたら、、、現金だといつでも見つかった時に使えますがモスカードなどプリペイドカードは2年後にチャージが消えるので危険です。

 

モスカードとは?チャージや残高照会の方法

  • モスカードは支払いがスピーディーで便利
  • 更に最大8%ものポイントが貯まる(期間限定)
  • クーポンとの併用も可能
  • キャンペーンでポイントもらえることも
  • ネットで入金もできて楽ちん、残高照会もネットで可能
  • ただし紛失時の補償はないので注意

今回はモスバーガーで使えるモスカードについてチャージや残高照会の方法などについてまとめました。

モスカードは凄く便利でお得なので上手に使ってくださいね!

私もお得に利用させていただいています。


スポンサーリンク