2018年もすき家、吉野家、なか卯、松屋など牛丼屋のうなぎの発売が始まっています。そして牛丼屋のうなぎは値段が安くてお得。丑の日以外にも食べたいところです。

今回は牛丼屋のうなぎの価格やカロリーなどの情報をまとめます。

すき家「うな丼」


スポンサーリンク


すき家のうなぎ2018

2018年のすき家のうなぎは「うな丼」という形での提供になります。うな丼の価格は790円です。その他うな牛などメニューの種類が多いのが特徴と言えるでしょう。

うな皿など単品のメニューやセットメニューもあります。

 

すき家のうな丼の価格

すき家のうな丼関連メニューの価格は以下の通り。その他うなぎ関連メニューやお得に購入する方法など詳細は少し下のリンク先でもまとめているので必要に応じて確認ください。

【うな丼】
価格:790円
特うな丼:1,190円(2枚盛)

すき家「うな丼」

 

【うな牛】
価格:890円
特うな丼:1,290円(2枚盛)

すき家「うな牛」

 

【うなたま丼】
価格:860円
特うな丼:1,260円(2枚盛)

すき家「うなたま丼」

 

【うなとろ丼】
価格:890円
特うな丼:1,290円(2枚盛)

すき家「うなとろ丼」

(うな皿、セットメニューやお得に購入する方法などはこちら⇒すき家のうなぎ(うな丼)2018の期間はいつまで?価格やカロリーもチェック

 

すき家のうな丼のお持ち帰り

すき家のうな丼はお持ち帰り可能です。

うな丼関連でうな牛、うなたま丼、うなとろ丼などいろいろなメニューがありますが全てお持ち帰り可能。うなぎの丑の日など用にお持ち帰りして家庭で食べるのもいいでしょう。

 

吉野家のうなぎ2018

2018年の吉野家のうなぎはうな重という形での提供です。吉野家のうなぎの特徴は値段が安いということ。一枚盛は750円です。また、1枚~3枚までうなぎの枚数を選ぶことも可能です。

 

吉野家のうな重の価格

吉野家のうな重関連メニューの価格は以下の通りです。その他うなぎ関連メニューやお得に購入する方法など詳細は少し下のリンク先でもまとめているので必要に応じて確認ください。

【吉野家のうな重】
一枚盛:750円
二枚盛:1,150円
三枚盛:1,650円

吉野家「鰻重」1枚盛

 

【麦とろ鰻皿御膳】
価格:890円

吉野家「麦とろ鰻皿御膳」

(セットメニューやお得に購入する方法などはこちら⇒吉野家のうなぎ(うな重)2018の期間はいつまで?カロリー、値段など

 

吉野家のうなぎのお持ち帰り

吉野家のうな重はお持ち帰り可能です。ただしみそ汁セットなどセットメニューについてはお持ち帰りできないので注意してください。お持ち帰りはうな重単品のみとなります。麦とろ鰻皿御膳についてもお持ち帰りは可能ですがみそ汁は付きません。

うなぎの丑の日など用にお持ち帰りして家庭で食べるのにもおすすめです。

 

なか卯のうなぎ2018

2018年のなか卯のうなぎはうな重としての提供になります。うな重単品の価格は850円と少し高いですが高級感あり。また、なか卯にはうなまぶしがあるのでうなぎをいろいろな形で楽しみたい人にはおすすめです。

 

なか卯のうな重の価格

なか卯のうな重関連メニューの価格は以下の通りです。

【なか卯のうな重】
一枚盛:750円
特うな重:1,250円(うなぎ2枚)

なか卯「うな重」2018年5月17日

 

【なか卯のとろろうな重】
一枚盛:850円
特うな重:1,350円(うなぎ2枚)

なか卯「とろろうな重」2018年5月17日

 

【なか卯のうなまぶし】
一枚盛:850円
特うな重:1,350円(うなぎ2枚)
時間:17時~翌朝5時

なか卯「うなまぶし」2018年5月17日

(その他セットメニューやお得に購入する方法など⇒なか卯のうなぎ2018(うな重)期間はいつまで?お持ち帰り、評判など

 

なか卯のうなぎのお持ち帰り

なか卯のうなぎ関連商品のお持ち帰りは基本的に可能です。ただしうなまぶしについてはお持ち帰りできないので注意してください。

高級感もありうなぎの丑の日など用にお持ち帰りして家庭で食べるのにもおすすめです。

 

松屋のうなぎ2018

2018年7月10日現在松屋のうなぎ関連商品は見当たりませんでした。もしかしたら今年は無いのかも?

気になる人は公式サイトでチェックしてください。

松屋のメニュー(公式サイト内)

 

2018年の土用の丑の日について

2018年の土用の丑の日は2018年7月20日(金)と2018年8月1日(水)の2日間となっています。一般的にうなぎを食べるのは7月20日(金)が土用の丑の日だと考えていいでしょう。

毎年変わる土用の丑の日、2019年以降の情報や土用の丑の日の意味や由来などの情報も別途まとめているのでそちらも確認ください。

(参考:土曜の丑の日2018はいつ?意味、由来や2回あるのは

 

すき家、吉野家、なか卯、松屋のうなぎ2018比較まとめ

今回は2018年のすき家、吉野家、なか卯、松屋のうなぎ情報を調べました。その結果、すき家、吉野家、なか卯にてうな丼やうな重などのメニューを確認しています(松屋はない?)。

値段で言えば吉野家のうな重が750円と一番安い。値段重視の人は吉野家がおすすめ。

一方ですき家はうな丼790円と少し高いもののうな牛などメニューが多く多様性に優れています。いろいろなメニューを楽しみたいという人はすき家がおすすめ。

そしてなか卯はうな重850円と一番高いものの錦糸卵が添えてあるなど高級感があります。17時以降限定のうなまぶしメニューも捨てがたい。

それぞれに特徴があるので可能であれば食べ比べするといいと思います。

早いところでは8月下旬に終了予定なので早めに食べてくださいね。


スポンサーリンク