土用の丑の日のスシローのうなぎと言えば毎年、うなぎちらし(うなちらし)を発売しています。2018年もスシローではうなぎちらしを発売。

うな丼、うな重という形ではありませんがスシローのうなちらしも捨てがたい。今回はそのスシローのうなちらしの商品情報やお持ち帰り、販売期間などについてまとめました。

  • スシローのうなぎちらしについて(商品情報、価格)
  • スシローのうなぎちらしのお持ち帰り
  • スシローのうなぎちらしの販売期間

だいたいこの順番でまとめていきます。少しずつ下がって確認ください。

(その他回転寿司屋さんのうなぎ特集⇒回転寿司(くら寿司、スシロー、はま寿司、かっぱ寿司)のうなぎ2018のお持ち帰り、予約、産地など

(牛丼屋さんのうなぎ特集⇒すき家、吉野家、なか卯、松屋のうなぎ2018(牛丼屋)の価格、お持ち帰りなど比較

スシローうなちらし2018年7月18日


スポンサーリンク


 

スシローのうなぎちらし(うなちらし)の商品情報、価格

スシローの土用の丑の日と言えばうなぎちらし(うなちらし)です。2018年も登場。うな丼、うな重という形ではありませんがたっぷりのうなぎが乗ったうなぎちらし(うなちらし)です。

うなぎは特製だれにくぐらせて炭火で香ばしく焼き上げておりおいしいのでおすすめ。

 

スシローのうなぎちらし(うなちらし)の価格

価格は780円税別ということで税込み842円となります。専門店などでは当たり前に2000円以上するのに対して、かなり安くて注文しやすくて嬉しい。

【スシローのうなぎちらし(うなちらし)】
価格:780円税別(842円税込み)

 

スシローのうなぎの産地

スシローのうなぎの産地は中国となっています。ここ数年、中国産のうなぎは当たり前になってきておりそれほど気にする必要はないでしょう。

ファミレスやファーストフードのうなぎはほとんどが中国産となっています。

 

スシローのうなぎちらし(うなちらし)はお持ち帰り可能?

スシローのうなぎちらし(うなちらし)はお持ち帰り可能。というかお持ち帰りの注文しかありません。店内飲食できない商品となっているので注意してください。

 

スシローのお持ち帰り注文方法は店頭、電話、ネット注文

スシローのお持ち帰り注文は店頭注文、電話注文、ネット注文の3つの方法で注文できます。ネット注文はクレジットカードによる先払いなのでお金を用意しなくて楽ちんだけどなれるまでは大変かもしれません。

慣れないうちは電話注文、店頭注文の方がいいかもしれませんね。注文方法については別途まとめているのでそちらも確認ください。

(参考:スシロー お持ち帰りメニュー一覧表と予約、注文方法など

 

スシローのお持ち帰りメニュー

また、当然のことながらスシローのお持ち帰りはうなぎちらし(うなちらし)以外の商品の注文も可能です。お寿司だけでなくサイドメニューなども注文可能でメニューは豊富。

うなぎちらしだけでは寂しいという人はいろいろなメニューを注文してくださいね。

スシローのお持ち帰りメニュー一覧も別途まとめているのでそちらも確認ください。

(参考:スシロー お持ち帰りメニュー一覧表と予約、注文方法など

 

スシローのうなぎちらし(うなちらし)の販売期間はいつからいつまで?

スシローのうなぎちらし(うなちらし)は期間限定での発売になります。発売期間は2018年7月18日(水)から2018年8月1日(水)となっています。

2018年の土用の丑の日は2018年7月20日(金)と8月1日(水)の2日間となっており、その両日共に大丈夫です。

(参考:土曜の丑の日はいつ?意味、由来や2回あるのは

ただし数量限定での発売となっており注文は早めに済ませたほうがいいでしょう。

 

スシローのうなぎちらし(うなちらし)まとめ

  • スシローのうなぎちらし(うなちらし)の発売期間は2018年7月18日(水)から8月1日(水)まで
  • 2018年の土用の丑の日は7月20日(金)と8月1日(水)なので両日ともに購入可能
  • 数量限定なので早めに購入したほうが良さそう
  • うなぎちらし(うなちらし)はお持ち帰りのみ。店内飲食できないので注意
  • 価格は780円税別(842円)で安い
  • スシローのうなぎの産地は中国

2018年7月18日(水)からスシローのうなぎちらし(うなちらし)が発売されます。うな丼、うな重という形ではありませんがたっぷりのうなぎが乗っておいしいです。

あなたも是非、スシローのうなぎを試してくださいね。


スポンサーリンク