すき家では2018年もうなぎ(うな丼)が登場します。最近はうなぎの値段が高騰し専門店だと2000円を普通に超えるようになってきました。

それに比べるとすき家のうな丼は値段も安くておいしいので嬉しい。ちょっと食べたいという時にはすき家で食べるのもいいでしょう。

では2018年のすき家のうなぎ(うな丼)の期間はいつからなのでしょう?また、価格やカロリーも気になります。ということで今回はすき家のうなぎ(うな丼)について調べました。

  • すき家のうなぎ(うな丼)2018の概要
  • すき家のうなぎ(うな丼)の価格
  • すき家のうなぎ(うな丼)のカロリー
  • すき家のうなぎ(うな丼)の期間はいつからいつまで?

だいたいこんな順場でまとめます。少しずつ下がって確認ください。

(すき家、吉野家、なか卯、松屋など牛丼屋のうなぎ2018比較はこちら⇒すき家、吉野家、なか卯、松屋のうなぎ2018(牛丼屋)の価格、お持ち帰りなど比較

すき家しじみ汁フェア

 


スポンサーリンク


 

すき家のうなぎ(うな丼)2018について

すき家のうな丼はおいしい。その秘密は以下の通り。

 

手作業で蒲焼に

すき家では生きたうなぎを手作業でさばきそのまますぐに蒲焼にしています。これは街のうなぎ屋さんと同じ工程。これがすき家のうなぎがおいしい理由の1つになります。

すき家のうなぎイメージ3

 

焼きとタレつけ工程の繰り返し

うなぎを蒲焼にする際に、 焼き→タレつけ→焼き→タレつけという作業を3度繰り返しています。これにより、タレがうなぎ全体にしっかり絡まります。また、うなぎがふっくらと仕上がります。

すき家のうなぎイメージ2

 

 

冷凍、真空パックしておいしさを閉じ込め

そのようにして焼きあがったうなぎを凍結・真空パックして各お店へ。おいしく焼き上がったうなぎが全国のすき家で食べることができるのです。

すき家のうなぎイメージ4

 

お米は国産米

お米は、厳選した国産米を使用しています。すき家独自の品質基準を満たした米だけを使用しています。

 

すき家のうなぎ(うな丼)2018の価格、カロリー

すき家のうなぎ(うな丼)2018の価格、カロリー情報を以下にまとめます。うな丼類のメニュー、うな丼関連のセットメニュー、単品メニューで分かれています。

 

うな丼類(5商品)

【うな丼】
並盛:790 円(671kcal)
ごはん大盛:830 円(817kcal)

すき家「うな丼」

 

【特うな丼】
うなぎ2枚(ごはん)大盛:1,190 円(1049kcal)

すき家「特うな丼」

 

【うな牛】
並盛:890 円(816kcal)
ごはん大盛:930 円(962kcal)
特盛(うなぎ2枚ごはん大盛):1,290 円(1193kcal)

すき家「うな牛」

 

【うなたま丼】
並盛:860 円(755kcal)
ごはん大盛:900 円(901kcal)
特盛(うなぎ2枚ごはん大盛):1,260 円(1133kcal)

すき家「うなたま丼」

 

【うなとろ丼】
並盛:890 円(722kcal)
ごはん大盛:930 円(868kcal)
特盛(うなぎ2枚ごはん大盛):1,290 円(1099kcal)

すき家「うなとろ丼」

 

うな丼セットメニュー(5商品)

しじみ汁おしんこセットはフェアメニュー価格で130円お得です。

例えばうな丼(790円)+しじみ汁(170円)+おしんこ(80円)の合計は1040円、うな丼しじみ汁おしんこセットでセット価格1020円ですが今回は130円お得で890円になっています。

【うな丼しじみ汁おしんこセット】(フェアメニュ-価格)
並盛:890 円(775 kcal)
ごはん大盛:930 円(921 kcal)

すき家のうなぎ「うな丼しじみ汁おしんこセット」

 

【特うな丼しじみ汁おしんこセット】(フェアメニュ-価格)
うなぎ2枚(ごはん)大盛:1,290 円(1153 kcal)

すき家のうなぎ「特うな丼しじみ汁おしんこセット」

 

【うな牛しじみ汁おしんこセット】(フェアメニュ-価格)
並盛:990 円(920 kcal)
ごはん大盛:1,030 円(1066 kcal)
特盛(うなぎ2枚ごはん大盛):1,390 円(1297 kcal)

すき家のうなぎ「うな牛しじみ汁おしんこセット」

 

【うなたま丼しじみ汁おしんこセット】(フェアメニュ-価格)
並盛:960 円(859 kcal)
(ごはん)大盛:1,000 円(1006 kcal)
特盛(うなぎ2枚ごはん大盛):1,360 円(1237 kcal)

すき家のうなぎ「うなたま丼しじみ汁おしんこセット」

 

【うなとろ丼しじみ汁おしんこセット】(フェアメニュ-価格)
並盛:990 円(822 kcal)
(ごはん)大盛:1,030 円(968 kcal)
特盛(うなぎ2枚ごはん大盛):1,390 円(1200 kcal)

すき家のうなぎ「うなとろ丼しじみ汁おしんこセット」

 

うな皿、しじみ汁(3商品)

【うな皿】(うなぎ単品)
並盛:690 円(248kcal)

すき家のうなぎ「うな皿」

 

【特うな皿】(うなぎ単品)
特盛:1,050 円(495kcal)

すき家のうなぎ「特うな皿」

 

【しじみ汁】
価格:170 円(95 kcal)

すき家のうなぎ「しじみ汁」

 

すき家のうなぎ(うな丼)をお得に購入する方法その1(クーポン)

すき家ではクーポンを発行しています。主なクーポンはメルマガクーポン(50円引きなど)、アンケートクーポン(たまご無料など)、LINEクーポン(30円引きなど)の3種類。

それぞれクーポンの期間が異なるので注意。定期的に確認ください。うなぎ関連商品のクーポンが出ることもありますよ。

クーポンの取得方法や使い方、最新情報は別途まとめているのでそちらも確認ください。

(参考:すき家のクーポン

 

すき家のうなぎ(うな丼)をお得に購入する方法その1(クレジットカードなど支払い方法の工夫)

すき家では支払い方法がいろいろと増えています。そして2018年6月現在ではクレジットカードや電子マネー、ゼンショークーカ、株主優待券など様々な方法で支払いができます。

例えばクレジットカードを使えばお釣りが出なくて楽なだけでなくて1~2%のポイントが貯まってお得。クーポンとの併用も可能です。

その辺り、クーポンや支払い方法の工夫についても別途まとめているのでしっかりと確認して自分なりのお得な方法を考えてください。

(参考:すき家のクーポン

 

すき家のうなぎ(うな丼)2018の販売期間はいつからいつまで?

すき家のうなぎ(うな丼)2018の期間は2018年4月18日からとなっています。

販売終了については特に言及がありませんがだいたい10月頃までの販売。

2018年の土曜の丑の日は2018年7月20日(金)と8月1日(水)です(基本的には最初の日)。よって土曜の丑の日にうなぎを食べたい人はすき家のうなぎ(うな丼)を食べることを検討するといいでしょう。

 

すき家のうなぎは危険?安全性について

すき家のうな丼は値段が安いこともあって危険ではないのか?という意見がネット掲示板などで良く出てきます。でも全く問題ないでしょう。

 

すき家のうなぎの産地

すき家のうなぎの産地は中国となっています。

中国というと少しイメージが良くない人もいるかもしれませんがファミレスやファーストフードのうなぎは基本的に中国産がほとんど。

スーパーなどで並んでいるうなぎも中国産が多いです。産地については特に問題ないと考えていいでしょう。

 

すき家のうなぎは危険?

すき家では徹底した品質管理をしています。

国の検査基準よりも厳しい基準を設け、全国にある検査室で製造内容に応じ365日体制で微生物等の検査を行っています。また、加工工場内も隅々まで定期的に衛生検査を行っています。

しっかりとした工程で作っているので問題ないでしょう。

 

すき家のうなぎ(うな丼)のお持ち帰り

すき家お持帰り「うな丼」

すき家のうなぎ(うな丼)関連は全てお持ち帰りが可能です。

すき家では電話やネットで予約が可能。すき家のうなぎ(うな丼)を家庭で食べたい人は予約して注文するといいでしょう。

もちろんうなぎ以外にもたくさんのメニューがあります。牛丼の並サイズはなんと350円。値段が安くておいしいメニューがたくさんあるので是非、お持ち帰りして食べてください。

すき家のうなぎ(うな丼)を含めたお持ち帰りメニューについても別途まとめているので確認ください。

(参考:すき家のお持ち帰りメニューの価格とカロリー一覧

すき家お持帰り「牛丼」

 

2018年の土用の丑の日について

2018年の土用の丑の日は2018年7月20日(金)と2018年8月1日(水)の2日間となっています。一般的にうなぎを食べるのは7月20日(金)が土用の丑の日だと考えていいでしょう。

毎年変わる土用の丑の日、2019年以降の情報や土用の丑の日の意味や由来などの情報も別途まとめているのでそちらも確認ください。

(参考:土曜の丑の日2018はいつ?意味、由来や2回あるのは

 

すき家のうなぎ(うな丼)まとめ

  • 2018年4月18日(水)からすき家のうなぎが登場
  • 2018年10月頃までの販売と思われる
  • 価格はうな丼790円とリーズナブル
  • 2018年7月20日(金)が土曜の丑の日、すき家も検討ください

2018年もすき家のうな丼が登場。やはり大きな特徴は値段が安いこと。そしておいしい。あなたも是非、すき家のうなぎ(うな丼)を食べてくださいね。


スポンサーリンク